車買取 相場

車買取相場よりも高く車を売るためのコツをついに公開!!

車買取相場というのはあくまで目安で実際にはもっと高く売ることができます。

 

ここで紹介しているポイントを使えば80万円も得をしたなんてこともあるかもしれませんよ。

 

ここで早速ポイントを紹介したいのですが、車買取相場というものを知っておきましょう。

 

 

まず簡単に車買取の相場を知りたい方はこちらより必要事項を入力して調べてください。

 

@買取を利用する
A一括査定サイトを利用する
B複数の一括査定サイトを利用する

 

先ほど相場を調べた方はとても簡単な入力事項だけだったと思いますが、
これだけでポイントの1つ目2つ目を実践したことになるのです。

 

車を売るには

 

中古車を売りたいという人は、インターネットの無料一括査定を受けるのがおすすめです。

 

中古車の査定の基準としては、まず車種、年式、走行距離、グレード、事故歴、車の外装や内装状態などによって、査定額が決められていきます。

 

一般的に高額査定の付きやすい車とは、車検切れしていなくて、年式が新しく、年間走行距離数が少ないものの方が高く買い取られます。

 

また、傷やへこみも少なく、内装も清潔感があればさらにいいでしょう。もちろん、状態が悪くても、人気のある車種であれば、平均相場が高くなっていることもあります。

 

また、地域によっても相場が違います。

 

東京で中古車を高く売るためには、まずは大手の中古車買取業者による無料査定を受けてみましょう。

 

インターネット上の無料一括査定を利用すれば、東京都内にある複数の中古車買取業者から、おおよその査定額を見積もってもらえます。

 

メーカー・車種・車のタイプ等を入力することで、査定の手続きが完了します。

 

中古車買取業者による買取は、下取りよりも高額査定がつきやすいので、より愛車を高く買い取ってもらえる可能性が増えます。

 

自動車 売却

 

ステーションワゴンの中古車でお得な車を楽々見つける方法を大公開

 

 

キジャン(トヨタ)とは、東南アジア・インド・南アフリカなどで販売していた、多目的車です。
キジャンという車名は、インドネシアで使われている名称で、
マレーシアでは「ウンセル」、台湾やベトナムでは「ゼイス」という名称で販売されています。
国によって使われている名称が違うのも、キジャンの特徴といっても良いでしょう。

 

 

キジャンの初代モデルが登場したのは、1977年。
インドネシアで発売され、大型プレス機やスポット溶接の自動化以前の設計、
アジア各国の悪路などを考慮し、モノコック構造は採用されていないのが特徴です。
これはシャシを強度するため、エンジンフードやフロントグリル、
カウルベンチレーターなどのデザインが採用されています。

 

 

 

2代目モデルは、1980年から1986年まで販売され、
エンジンフードが全幅と同じフルワイズに変更されました。
そのため、フロントグリルの間隔が広くなった
ヘッドランプや外観デザインも若干近代的になっているのが特徴です。

 

 

 

3代目モデルは、1986年から1997年まで販売され、車体部品がすべてプレス品に変更されました。
これにより車両の外観が大幅に変更され、
車体には「Full Pressed Body」のデカールが貼られているのが特徴です。

 

 

 

4代目は、1997年から2004年まで販売されました。

 

中古の軽自動車を探す

カルタス(スズキ)とは

 

カルタス(スズキ)とは、スズキが過去に製造・販売していた乗用車です。
価格が安いことからパトロールカーとして使われることが多く、交番などではよく配備されているモデルです。

 

 

カルタスが初めて登場したのは、1983年。
提携先のGMと共同開発し、
製造コストを下げるために軽自動車用のコンポーネンツを一部に用いているのが特徴です。

 

 

他にも、
・直列3気筒エンジンの1000cc
・FF駆動
・3ドアハッチバック

 

 

などの特徴がありました。

 

 

 

同年に、ターボと3速ATが追加され、軽い車重で、
当時は乗用車の中で省燃費の車としての認知度が高い傾向にあったと言われています。
日本国外市場においては、「スズキ・スイフト」の名で販売されていましたが、
他にも「シボレー・スプリント」「ポンティアック・ファイヤーフライ」など、
国によってさまざまな名称がつけられていました。

 

 

 

初期モデル以降は、2代目モデルが1988年〜1999年まで販売され、
3代目モデルが1995年〜2002年まで販売されています。

 

 

モデルの製造が終了したのは、1999年。
ハッチバックが生産終了し、旧カルタスもこの頃に生産を終了。
2001年にエリオセダン登場でセダンの生産が終了し、2002年にはワゴンの生産も終了しました。

 

カリスマ(三菱)とは、三菱とボルボ・オランダ政府が合併したネッドカーで製造され、
輸入は三菱が行っている乗用車です。
日本では、ミラージュ/ランサーとギャランの間に投入されたモデルになり、
欧州向けのスペーススターおよびボルボ・S40/V40とプラットドームを共有しているのが特徴です。

 

 

また、日本と欧州とでは設定も異なり、日本仕様はFF4ドアセダンのみの設定ですが、
欧州仕様はハッチバックも設定されています。
エンジンも日本仕様と欧州仕様で異なり、前者は1.8リットルのみですが、
後者はルノー製のディーゼルエンジンも設定されているのが特徴です。
さらに、日本ではカープラザ店専売モデルになりますが、
欧州のランサーエボリューションはカリスマGTの車名で販売されています。

 

 

 

カリスマという車名の由来は、ギリシャ語と英語から作った造語。
ギリシャ語の「KHARISMA」、英語の「CAR」を合わせてつけられたと言われています。

 

 

販売が開始されたのは、1996年。
エテルナの後継車になり、「L」「LX」「LS」の3つのグレードがあり、
LSのみフロントスポイラー、サイドエアダム、フルオートエアコンが標準装備されています。

 

カプチーノ(スズキ)とは、スズキの軽自動車です。
日本国外でも販売されており、輸出されているのは初期モデル。
ウィンカーやリアフォグなど、英国の法律に適した仕様に変更はされていますが、
リミッターはそのままで輸出され、ドイツでは運転席配置を変更することなく販売されています。

 

 

カプチーノの特徴は、
・現代性を考慮したスポーツ性能
・フラッグシップモデル
・フロントエンジンリアドライブ採用
・1989年に東京モーターショーに参加出品
・ロングノーズとショートデッキを採用

 

 

など、さまざま見られます。
また、平成ABCトリオの中では、唯一のFRレイアウトになっており、
フロントアクスルより後ろにエンジンの重心を位置させてるのが特徴です。

 

 

そのため、フロント51対49の重量配分を実現しています。
エンジンは縦置き。
これにより、左右スペースを活かして軽自動車では初となる
4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用しています。

 

 

 

マイナーチェンジは、1995年。
オールアルミ化されたエンジンと、16ビット化された制御用コンピュータを搭載しています。
その後バブル崩壊でスペシャルティカー市場が低迷し、
また軽自動車の規格変更で生産が終了されました。

 

車買い取りの為のテクニックを幾つか紹介したいと思います。

 

まず一番大切なことは複数社の査定を受けることです。

 

最近ではネット上での一括査定というサービスがありますのでこれを利用するといいでしょう。

 

買い取り価格は買い取り専門店が次の人に売る金額に比例していきます。

 

業者によって客層や販売形態等ばらばらな為、自然と買い取り価格にも差が生じます。

 

複数の業者の内、今自分の車を一番欲しがっている業者を探すことが大切です。

 

 

故障車の定義を知っておくことも高く買い取ってもらう為に必要です。

 

こちらはどちらかというと安く買い取られないように
するコツとも言えそうですが、中古車市場では「車の骨格等に欠陥が生じたもの、またその修履歴のあるもの」を中古車として定義しています。

 

テールランプが割れた、バンパーをこすった等のことは故障の内に入らないので、買い取り査定の際に変に弱気になる必要はありません。

 

また以外な落とし穴が車内のにおいです。ニオイの性質上オーナーはその車のニオイに気づき辛いとされています。

 

ペットを乗せていた、煙草を社内で吸っていた等の
経歴があると車にニオイが付いてしまいますので、査定前に天日干しをするなどして、ニオイを消しておきましょう。

 

 

結論から言うと車買い取り時に車検は切れていても車は買い取ってもらえます。

 

更に車検が残っているからといって大幅な買い取り価格のアップには繋がりません。

 

しかし、車検を通したことによって、そのコストが査定額に少なからず反映されることはあります。

 

なぜなら買い取り専門業者からしても車検が残っている車というのは次の人に売り易く、それが査定に有利に働くからです。

 

また、車検を通していない車だと、次に車を買った人に車検の諸経費が掛かってしまいます。

 

その分やはり売りにくい車となってしまう為業者もそれに高いお金をかけていられないのです。

 

しかし、車検が切れていてもそれが査定額の大幅なダウンに繋がるわけでもありません。

 

ただ、長く乗っていない車で更、に車検が切れているとなると、査定の際に何かしらのトラブルがあるのではないか?と査定員に思われ見積もりを低くされる可能性があります。

 

結局、車検があろうがなかろうが、そこまで査定額に変化がない場合が多いようです。

 

それでも少しでも愛車を高く買い取ってもらうことを考えるのであれば、車検は通しておいたほうが良いかもしれません。

 

車の点検と聞くと、複雑な部品を調べるので難しいと感じるかもしれませんが、日常点検なら、簡単なものが多いので、それほど難しく考える必要はありません。

 

車には取扱説明書が付いているので、案外、車の点検は簡単です。

 

わからない場合は、車に詳しい知人に聞いたり、無料点検などを受け、実際の作業を見ると良いでしょう。

 

一度作業を見ると、どのように点検しているのかがよくわかります。

 

ただ、車は乗るだけで点検整備や給油まで人任せにしている人は、ボンネットを自分で開けることすら難しいかもしれません。

 

ボンネットを開けてエンジンを点検することは、とても大切なことです。

 

ボンネットは、まず運転席からロックを解除し、少し開いたボンネットの隙間から手を入れてもう一度ロックを解除するという2段階のロック方式になっています。

 

2段階のロック解除ができたら、ボンネットを上に持ち上げ、ボンネット本体にステイをかけて落ちないように支えます。

 

ボンネットを閉める場合は、ステイを外してゆっくり30cmくらいまで下ろし、手を離せば閉まります。

 

それでもボンネットと車体との間に隙間がある時は、上から押さえれば大丈夫です。

 

日常点検の実施時期は特に定められておらず、目安としては1ヵ月ごとに行うのが良いでしょう。

 

車の買取の手続きをする際、全体的な流れを把握する必要があります。

 

買取の手続としては、まず売却先を決めなければなりません。

 

売却先の選択肢には、友人や知人などの知り合いに売却をする。

 

オークションサイトで売却する。ディーラーで下取りしてもらう。買取専門店に売却する。等の方法があります。

 

友人や知人に売却する時は、手続きはすべて自分でしないといけないので、必要書類の準備や各種手続きを把握しておく必要があります。

 

次に査定をします。ディーラーでの下取りや、買取専門店に売却する場合は、査定があり、ここで期待通りの金額がつかないようなら、友人や知人、もしくはオークションという選択肢も悪くありません。

 

ただ、一般的には、ディーラーや買取専門店への売却が普通です。

 

そして、いずれの売却方法を選んだとしても、契約が成立したら車を売却するための書類を揃えなければなりません。

 

そして契約が成立すれば、車を手放すことになるので、自分が車に乗れる状態にしておくことです。

 

買取の手続きには名義変更が必要ですが、名義変更は買い手と売り手が両者立ち会いの元で行うのが理想です。

 

また、確実に名義変更ができているかを確認するため、名義変更完了後、車検証のコピーを送ってもらうことです。